研究 / Research

規則性ナノ空間材料をつくる。そしてつかう。
Designed synthesis and catalysis by nanospace materials

つくる / Synthesis
Part I:
Creation of hierarchical pore network and interface
Fabrication of micro/meso-porous materials, zeolitic mesoporous materials
Interconnection of surface/interface having different metastable phases
いわゆるミクロ/メソコンポジット多孔体の合成。
熱力学的に安定性の異なる表面・界面をつなげる。
(強酸)点とナノ空間のコンポジット
ミクロ空間とメソ空間のコンポジット

Part II:
Preparation of novel porous materials on the basis of LEGO concept
Bottom-up synthesis by use of secondary building unit of zeolite
Kinetic crystallization
レゴのコンセプトに基づく新規多孔体のボトムアップ合成。
ゼオライトのビルディングユニットを動力学的に積層する。
熱力学的水熱合成で得られるものと異なる多孔質物質群の創製。

Part III:
Synthesis of zeolitic microporous crystals via amorphous mesoporous (metallo)silicate
and nitrogen, phosphorous-containing silicate
非晶質なメソポーラスシリカ(ヘテロ元素含有も含め)からのゼオライト合成。
直接水熱合成・結晶化させることのできないゼオライトをメソポーラスシリカを経由して創る。
窒素やリンが骨格に入っているゼオライトを合成したい。

つかう / Application
Catalysis part I:
Selective reaction in a confined space
限定空間でのみ許容される高選択的反応の実現。

Catalysis part II:
Control of intermediates by diffusion
触媒反応の素過程である活性点への拡散を制御することによる高効率触媒反応の実現。

Catalysis part III:
Catalysis by base
塩基性物質の触媒作用。
酸触媒とは違う生成物や反応ルートを探る。

Adsorption part I:
Adsorption and concentration of dilute matters by nanospace
Low concentration HC or NO in automobile exhausts
Selective adsorption of CO2 and easy releasable CO2 storage
ナノ空間による吸着・低濃度物質の濃縮。
自動車排ガス中の低濃度炭化水素,窒素酸化物の吸着除去+ナノ空間内濃縮。
簡単に再生できるCO2回収材の開発。

Adsorption part II:
Recovery of important sources in waste water by adsorption
廃水からの貴重な資源回収。

Adsorption part III:
Energy recovery by use of periodically-ordered porous structures
規則性多孔質を利用した均質エネルギー回収。

OGULAB poster for Open Campus

2009 Japanese 2010 Japanese 2011 Japanese
Sorry, Japanese only!
Sorry, Japanese only!
2011 English

"Materials for environmental issues"
"Materials for resource problems"
"Materials for energy crisis"

2012 Japanese 2013 Japanese 2014 Japanese
2012 English 2013 English 2014 English


Outreach / アウトリーチ活動

Research Campus Open House/駒場リサーチキャンパス公開
小倉研究室は毎年キャンパス公開に参加し、幅広い年代・分野の方に研究を知ってもらう取り組みを行っています。

所在地:
〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1
東京大学生産技術研究所
Fe205(居室,学生) Fe206(実験室)
電話:03-5452-6321 ファックス:03-5452-6322
Address:
Rm#Fe205, Institute of Industrial Science,
The University of Tokyo
Komaba 4-6-1, Meguro, Tokyo 153-8505
TEL: +81-3-5452-6321 FAX: +81-3-5452-6322