合成・分析機器等 / Lab Facilities


実験室 Fe206 / Lab room Fe206

Fe206

メインの実験室です。小部屋が2つあり、焼成・窒化オーブン等がある部屋と、触媒調製等を行う部屋として利用しています。
また地下には共通実験施設もあります。

Our main lab connected to other two small rooms. We can also access to common facilitiy rooms at the underground level.

ガスクロマトグラフ / Gas chromatograph (Shimadzu, GC-8A / GC-14B) @Fe206

GC

ガスクロが7台程あり、主に触媒反応の生成物等の分析に使用しています。サンプルに応じてTCD検出器とFID検出器及び分離カラムを使い分けています。
一部のガスクロは触媒反応装置とダイレクトに接続されており、反応直後のサンプルを測定しています。

Seven GCs equipped with TCD or FID detectors and several types of capillary and packed columns are used for the analysis of gas or liquid samples. Some of them are connected directly to reactors.

ガスクロマトグラフ質量分析計 / Gas chromatograph - mass spectroscopy (Shimadzu, GCMS-QP5050 / GC-17A) @Fe206

GCMS

GCMS装置です。ガスクロによって分離したサンプルを質量分析器で測定します。主に生成物の同定に利用しています。

GC-MS system.

赤外分光分析システム / FT-IR system (JASCO, 4100 FT-IR, MCT detector) @Fe206

FTIR

赤外分光分析器と前処理及び吸着実験を行うための装置です。
特殊なセルを用いることで、錠剤器でペレット状にした粉末サンプルの脱水前処理 (~773 K, under vacuume) やプローブ分子吸着を行うことが出来ます。

FT-IR system with order-made glass cells are used for catalyst analysis and probe gas adsorption measurments, which can be attached to a vacuume line that allows to do a high temperature pretraetment (up to 773 K, under vacuume).

前処理システム / Pretreatment system @Fe206

Pretreatment

分光分析実験と吸着実験の前処理を行うための装置です。

Pretretment system for spectroscopy and adsorption mesurments.

ガス吸着装置 / Gas sorption system (Quantachrome, Quadrasorb Evo) @Fe206

N2 ad

ガス吸着実験を行う装置で、主に窒素吸脱着測定を行っています。
4ポートあり低相対圧からの測定が可能です

Four-port gas sorption system mainly used for nitrogen adsorption-desorption measurments.

触媒分析装置 / Catalyst analyzer (BELCAT) @Fe206

TPD

触媒分析を行う装置です。接続されているガス種に応じて昇温脱離 (Temperature-Programmed Desorption) や、昇温還元 (Temperature-Programmed Reduction) の測定などが行えます。

TPD-TPR system equipped with a TCD detector.

CHNS元素分析機 / Elemental analyzer (elementar, Vario Micro Cube Elementar Analysensysteme GmbH) @Fe206

CHNS

CHNS元素分析を行う装置です。試料を酸素で燃焼させ生じたガスを分析することで、試料中の元素の存在比が分かります。

CHNS elemental analyzer.

熱重量測定器 / TG-DTA analyzer (Rigaku, Thermo plus TG8120 / Thermo plus Evo) @Fe206

TG

熱重量・示差熱測定器です。天秤に乗せた試料の温度をプログラムによって制御しながら、質量と示差熱の変化を温度の関数として測定します。

Thermal gravimetric and differential thermal analyizer.

電気炉 / Electric oven (Advantec, DRM420DA) @Fe206

OVEN

ゼオライト合成を行う電気炉です。
200度までの合成をプログラム運転できます。
ゼオライト合成の水熱容器を一度に12個、回転させることが出来ます。

Two electric ovens mainly used for zeolite synthesis, equipped with tumbling system that can hold 12 vessels at a time. These ovens can be programed with the reaction temperature up to around 473 K.

管状炉 / Horizontal furnance @Fe206

Furnance

窒化を行うための電気炉です。
石英管を使用しており、1000度付近まで温度をあげることが出来ます。
窒素・空気・アンモニアガスを流通させることが出来ます。

Three electric furnances used for nitridation process up to 1273 K, equipped with PID controllers. Gas flow (N2, Air, and NH3) is roughly controlled by a float flow meter.

焼成用マッフル炉 / Muffle furnance (YAMATO, FO300) @Fe206

Oven

主に焼成用に使用しているマッフル炉です。
1000度付近までの昇温をプログラム運転することが出来ます。
石英管を通じて上部から、空気・窒素を流通させることが出来ます。

Two electric muffle furnances mainly used for sample calcination up to 1273 K, equipped with PID controllers. Gas flow (N2 and Air) is roughly controlled by a float flow meter.


所在地:
〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1
東京大学生産技術研究所
Fe205(居室,学生) Fe206(実験室)
電話:03-5452-6321 ファックス:03-5452-6322
Address:
Rm#Fe205, Institute of Industrial Science,
The University of Tokyo
Komaba 4-6-1, Meguro, Tokyo 153-8505
TEL: +81-3-5452-6321 FAX: +81-3-5452-6322